Mac OS v10.4 Tiger

噂系のサイトによれば、次期Mac OSは4月上旬に発表され、中旬には発売されるらしい。

これまでの情報では6月といわれ、その後開発が遅れ気味というものまで流れてきていたが、どっこいもう来月の発売とは恐れ入りました。
まあ、また例によって数々の新機能が搭載されるんだろうが、やはり望むのはスピードアップと、安定性だろう。個人的には最新のsafariの機能アップが気になる。現状ではFireFoxの方に軍配が上がっている。
仕事で使っている以上、いきなり新バージョンに飛びつくわけには行かないが、先日購入を見送ったバックアップ機「Mac Mini」を購入すれば、Tigerを味わう事は出来そうだ。My PowerBookを購入した時点では付属しなかった「iLife05」も楽しみである。
また、アップルでは新バージョン発売に合わせてマックについても標準搭載メモリを512MB以上にする動きが出て来るらしい。搭載メモリが512MBになるのはとても重要で、ノートなどメモリスロットが2つしかない機種に関しては1GBにするのに256MBを1枚捨てるか、まだまだ高い1GBメモリを購入するかしなければいけなかった。最低512MBなければ満足に動かないOSを使っている以上、この動きは遅すぎたくらいだ。
あとはパソコンがもはやインターネットとは切り離せないものになっている以上、ウィルス関連や、セキュリティ関連は標準搭載にしてほしいところ。「.Mac」に加入が条件というのはちょっとおかしい。それに、ノートン先生はいまひとつ信用しきれないところがあるし、サードパーティは当然だがウィンドウズ向けに力を入れる。無理な事ではないと思うのだが…。

カテゴリー: Monoタグ :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る