Mac OS X Leopard

OS Xもはや6つめのバージョン10.5になるんですね。

発売は26日とのことで、例によって仕事で使っているメインマシン(iMacG5/PowerBook G4)には、様子を見てからになると思うけれど、Windowsを立ち上げるための「Bootcamp」が正式版になるので、経理&WEB動作確認用のMacBookには早速いれてみるつもり。
何となく新機能の宣伝を見ていると、以前にも増してマシンパワーを要求されるような雰囲気から、重くなってるんじゃないかなーという心配はあるものの、欲しかった機能…というか、わざわざお金を出して他社製品を買っていたものが標準になってありがたい面もある。
「タイムマシン」と呼ばれるバックアップ機能などは、仕事上かなり重宝しそうだし、「プレビュー」がPDF書類を直接編集できるようになるらしいので、アドビ・アクロバットを買わなきゃと思っていたところ、その機能によっては当面買わずにすむかも知れない。アドビ・アクロバットは同社CS3のWEBスイートについてくるので、それを買う資金がたまるまで持ちこたえてくれさえすればいいのだ。
ウィルス関連の機能は標準搭載されないんだろうか。パソコンでインターネットをすることなど、もはや当たり前の事なのだから、OSに組み込まれてもいいんじゃないかと思うのだが、大人の事情でもあるんだろうか。
さてさて、どこで買うのが安いかなー。

カテゴリー: Monoタグ :

Mac OS X Leopard」への2件のフィードバック

  1. ひそかに??imac購入を目論んでます。
    ほんとはこの冬に買う予定だったのですが、他にも欲しいモノがあり来年の夏までは今のPCで引っ張ることになりそうですが。。。。
    でもLeopardの機能を見るにつけムクムクと物欲がわいておりまして、葛藤の日々を送っております(笑)

  2. >>ちょめもどの
    おお、ついにマカーですか。でも現行のiMac、若干問題もあるみたいなので、マイナーチェンジまで待たれるのが得策かと…。今年中には1度マイチェンありそうなんですけどねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る