10年振りのスーツ

最近、請け負うことになった仕事がらみで、スーツが要るようになった。

クライアントさんとの打合せに使うもので、厳密には必ずしもスーツでなくてもいいのだが、もう何年もユニクロ生活の自分にとって、打合せの都度組み合わせを考えたり、「これで大丈夫かな?」と心配するくらいだったら、いっそスーツを着た方がラクだし、いざと言う時にも「ない」では済まないだろうからという判断だった。
じつは10年前に買った春用と冬用が1着ずつあるのだけれど、なんとどちらもダブル。なで肩&狭い肩幅が目立たないという理由でダブルにしたのだが、今だーれも着ていない。さすがにちょっと恥ずかしいのと、カラーも明るめなので毎回着るとバレやすい。そこで繰り返し着ても違和感のない(バレにくい)オーソドックスでダーク調なシングルを買うことにしたわけだ。
今回ほぼ0スタートのため、スーツだけではなく、Yシャツもネクタイも、さらには靴までも必要で、まあ、そのためにいままで買い渋っていたのもあったのだけれど、まさに新社会人のような買い方。ちょうど就職活動と成人式需要に合わせた新春セールだったのですこぶる安かったのと、青山の2着目1000円セールは使い回しに効果的なのであり難かった。
それにしてもスーツなんてものは万年同じに見えて結構流行があるらしく、ダブルからシングルになっただけかと思ったら、同じシングルでも3つボタンから2つボタンになっているとのこと。しかもスリムになっていて、それはYシャツにまで及んでいるとか。じつはこのスリムが曲者で、自分は元々既製品が合いにくい体型らしく、スリムになればなるほどそのへんもシビアになるのだ。
具体的にはまず腕が長いので丈に合わせると、袖が短くなってしまう。それと胸囲が1m以上あるので、シャツなど首まわりに合わせると胸が入らなくなる。あとはヒップもあるのでウェストに合わせるとヒップがきつくなる。へたくそながらも高校時代に励んだ野球の影響だろうか。
あれやこれやととっかえひっかえしてやっと決めたけれど、シャツなどは自宅で試着したら星飛雄馬のごとく胸のボタンがはじけ飛びそうなものがあって、翌日交換に行くハメになった。
でもまあ、これでまた10年持ってくれるかな。

カテゴリー: Mono

10年振りのスーツ」への4件のフィードバック

  1. 経験から言えば、40代は更なる身体(お腹回りを重点的に)の成長があります。(笑)
    実を取るのならば、「モテスリム系」よりも「スタンダード型」をお薦めします。へへへ。

  2. 私、スーツは制服のようなもので今までいろんなところで購入しましたがここ数年は専らココhttp://www.azabutailor.com/でオーダーしております。
    オーダーと言っても決して高いものではなく一着35,000円くらいから。。
    自分の体系ピッタリのスーツを仕立ててくれるので補正も要らないし表地はオーソドックスでも裏地や釦で個性を出すことも出来るので正に自分だけの「ワンオフ」作品を作ることが出来るんです。
    生地次第で価格は変わりますが「ゼニア」や「ロロ・ピアーナ」などの高級服地も選べますヨ(^^ゞ
    既製に飽きたらオススメします(^o^)丿

  3. この業種で多いビジネスカジュアルはコストもかかるので、私はずっと黒系シングルのスーツ派でございます。
    同業者からは変に思われるんですけど、ギャル営いやお客には割とウケがいいんですわ。ぐひひ~。

  4. >>和尚様
    た、たぶん尻に合わせるとウェストは余裕があるのでしばらくは大丈夫かと…。
    >>yokomonさん
    よさげなところですねぇ。オーダーメイドは知ってしまうと離れられなくなりそうですよね。今の使い方程度だとどうしても今回のように2着で45000円くらいが限度になってしまうんですが、然るべき時には是非。
    >>yukizoさん
    毎回同じでも目立たない「美味しんぼ 山岡」方式がいいですよね。なにしろ少ない予算はみな「放浪」「飯」「レコード」に組まれてますんで、それ以外の用途はガマンしないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る