平岸高台公園

北斗星で帰る 函館真イカ&登別温泉の旅 14

この画像を見て「あーっ、ここは〜」と思う人も結構多いんじゃないでしょうか。


北海道での最終日は、札幌です。
朝風呂を満喫したあと、小雨降る登別温泉を出てまず向かったのは、ダメ人間の聖地「平岸高台公園」。当たり前ですが、もうそのまんまで思わず笑ってしまいます。せっかくなので、反対側からの景色も。

平岸高台公園
続いて本丸であるHTBに討ち入り。中はこんな感じで、水曜どうでしょうが自分たちはともかく局にとってどれくらいのウェイトを占めているか分からないんですが、やっぱり訪ねてくる人が多いんでしょう、まるで看板番組のように展示がされています。

HTB
背後にはHTB限定のどうでしょうガチャポンもあります。ただ、以前はもっと展示物があったそうです。先日放送された新作もあっての展示なんでしょうけども、新作は残念ながらちょっと面白くなかった…。自分もどうでしょうからNACSにハマったクチですが、いまでは「おにぎりあたためますか」や「ハナタレナックス」の方が好きで、そちらの展示がもうちょっとあれば良かったですね。ハナタレは基本道内のみなので仕方ないんですが、どちらも現役番組ですし。

HTB
HTBでは守衛さんが積極的に「写真撮りましょうか?」と声をかけてくれて、いい記念となりました。HTBは2018年に50周年事業として中央区への移転が予定されており、そのまえに来られたのはラッキーでした。

当初はこのあと苗穗駅前にあるスーパー銭湯で風呂に入って、駅近くで廃止が決まったトワイライトエクスプレスの写真でも撮ろうかと思っていたんですが、この日本州での大雨と強風の影響で列車が札幌までたどり着けず、函館折り返しとなってしまったので断念。風呂も朝ユックリ入れたし、上野に着いたあとは帰るだけなので大丈夫でしょう。
ちょうど札幌はYOSAKOIの会期真っ最中で、渋滞状況が読めないので、ひとまず早めにレンタカーを返しに札幌駅脇の営業所へと向かいます。また、コインロッカーも埋まっている事が予想されるので、荷物は北斗星の発車までレンタカーの営業所で預かって頂くことにしました。

すすきの
札幌駅からは、地下鉄ですすきのへと向かいます。札幌の地下鉄はみな「ST」ステッカーがついていますが、もちろんSports Technologyではなく、Sapporo City Transportation Bureauの略なんだそうです。画像は市電のすすきの電停ですが、来年春までに手前(北)400mの場所にある西4丁目電停まで延伸し、環状線として走るとか。

さて、すすきのまで来たのは札幌名物、スープカレーを頂くためです。当初予定していたラマイは函館で食べたので、今回はsuageさん。2時前でも何人か並んでいましたが、20分ほどで中に通され、ちょうどシゲのサインの前の席になりました。

suage

suage
ラマイよりも日本的な感じですが、香ばしくてこれまたかなり美味しいスープカレーでした。具材も鶏はもちろん野菜たちも美味しく、ジャガイモは店の入り口にあった段ボールを見たところ「インカのめざめ」のようですが、むちゃくちゃ美味しいですね。我が家のインカのめざめたちが寝たままになってしまったのがとても残念です。ほかのスープカレーのお店も行ってみたくなりますが、それはまた次回。

onちゃんshop
すすきのから札幌駅までは地下街を歩いて戻ります。途中onちゃんSHOPがあったので買う気マンマンで入っていったものの、これと行ったものが見当たらず、手ぶらで出てきてしまいました。

しばらく先で地上に出て札幌の定番、時計台を見物。

時計台
札幌駅に着いたら大丸やエスタでお土産や弁当などを買い込み、預けていた荷物を引き取って、ラストイベント、17時12分発の北斗星に備えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る