松江シティホテル

松江の宿は蛇口から温泉が出るんです

出雲観光後の夕食とお宿は、松江市内で予約していました。


出雲市から松江は一畑電車を利用、このローカル私鉄は通常JR山陰線よりも高くて遅いんですが、「縁結びチケット」で利用できるのと、宍道湖の眺めがいいんです。
ただ、今回のように19時前の電車だと、さすがにすぐに日没でかろうじて見える程度…、なので、当初は出雲市内のホテルを予約していたんですが、夕食場所にもう一つ決め手がなかったこと、松江よりも若干割高なこと、翌日の日程が難しくなることなどから松江市内に変更したというわけです。

一畑電車が着くのは「松江しんじ湖温泉駅」。今回、ここから数分ほど歩いたところにある「こ根っこや」というお店を予約しておりました。

松江 こ根っこや

こ根っこやは、松江市内で「根っこや」など数店舗展開している居酒屋さんで、島根の銘酒「王祿」の飲み比べセットがあるということでチョイス。さっそく「王祿」「渓」「丈径」の3種を頂きましたがどれも旨い!とくに「丈径」、これはお土産第一候補に決定です。

こ根っこや

料理も宍道湖名物としてあさりほどの大きさもある特大しじみの酒蒸しをはじめ、めばるの唐揚げ、錦織選手で一躍有名になったのどぐろの釜飯などいただきました。締めの岩海苔おにぎりも含めてどれも美味しく、しかもなかなかリーズナブル、いい夕食になりました。

そして本日の宿は「こ根っこや」から宍道湖畔を歩いて15分ほど、松江大橋北詰にある「松江シティホテル」。じつは今回の旅で利用する3つの宿のうち、明日の分はちょっといい宿にしたことから、それ以外は価格重視でチョイス。この「松江シティホテル 本館」も「景色が見えない」という条件でなんとふたりで5800円ポッキリ!

松江シティホテル

でもここは単なる安ホテルではありません、なんとユニットバスの蛇口から温泉が出るんです。湯船にお湯を貯めればもうそこは立派な温泉、しかも掛け流し!

部屋は狭いものの、この日は運良く「景色のバッチリ見える」部屋に無償アップグレードしてもらえましたし、ベッドは全室トゥルースリーパー。フロントの方の応対も丁寧で愛想が良く、大手チェーンのようなマニュアル的でないのもマル。しかも予約をしておけば無料でミニ弁当がいただけるという破格ぶりにすっかり気に入ってしまいました。

松江シティホテル

ところでお弁当にはこのような案内があります。
「チェックインの際にサンプルをご覧にいれて要:不要をお尋ね致します。要の場合お約束通り無料でプレゼント致しますが当館は専門業者に@200円で発注をして翌朝の6:30にご用意致します。要の場合で召し上がらずお持ち帰り戴かない場合は「約束不履行」となりますのでお一人様につき200円のキャンセル料を頂戴致しますのでご注意下さい。」
お店とお客の関係といえど、お互いの信頼あってのサービス、大事にしていきたいものです。

景色は、到着時間が遅かったために、その日はわかりませんでしたが、朝カーテンを開けると宍道湖の素晴らしい眺めが広がり、ありがたい朝食もいただけて気分良く3日目のスタートが切れるというものです。

松江の宿は蛇口から温泉が出るんです」への2件のフィードバック

  1. 温泉蛇口は箱根の富士屋ホテルもそうだよ!

    俺の一番ホテルは、馬の産地で有名な静内にある「エクリプスホテル」。

    建物は古いけど、手入れがほぼ完璧、ベッドはシーリー、アメニティーは歯ブラシを除き高級ホテルと同等、朝食バイキングは超美味い、昼用のおにぎり弁当も・・・。

    ビジネスホテル経営者は泊まって見習ってほしい!

    と思う位。

    かあはんのブログ楽しみにしてるから。

    1. どもども。
      富士屋はなかなか泊まれないけど、エクリプスは機会があれば泊まってみたいね。
      今度は蛇口から酒が出てくるホテルを探さないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る