高松で泊まるなら「ルポール讃岐」

高松で泊まるなら、ルポール讃岐

高松で泊まったのは、地方職員共済組合の宿「ルポール讃岐」でした。

8月8日はどういうわけかどこの宿も満室、仕方なく喫煙部屋で妥協しようかと思いましたが、「いや、待てよ、もうちょっと調べてみよう」細かくググって見つけたのが「ルポール讃岐」。最近は宿泊予約というとスグ楽天トラベルやじゃらんを当たるか、チェーンホテルのサイトを覗くだけでしたが、旅の楽しさを左右するお宿ですから、もっと色々調べないといけませんね。

ルポール讃岐は公式サイトもちゃんとありますが、ちょっと情報が少な目。とてもいい宿だったので、ここであらためてご紹介です。

ルポール讃岐の1番のウリはやはり価格、洋室シングルの値段5508円は、なんと2食付きのお値段でその内容は画像の通り。

《夕食》

ルポール讃岐

《朝食》

ルポール讃岐

もっとも、食事なしで泊まっても料金が変わらないので、夕食だけでもいただいた方が断然おトクです。

さらに今回は満室とあって利用しなかったんですが、ルポール讃岐には大(中?)浴場があり、とくに温泉というわけではないそうですが、今度比較的空いてる時期に利用してみたいと思います。

ルポール讃岐

部屋は大手ビジネスホテルのチェーンと比較しても広く、ゆったりと過ごせます。個人的にはリンスインシャンプーではなく、単体リンスが用意されているのと、使い捨てスリッパがあるのがマル。

ベッドの寝心地はフツーで、唯一とも言える欠点がインターネット接続環境がないことですが、窓からはすぐそこに栗林公園の紫雲山が望めます。

ルポール讃岐

ルポール讃岐2番目のウリは立地です。高松駅や瓦町のような中心街からは多少離れているものの、高松の街はレンタサイクルが充実していますし、自分のように栗林公園目当てのものにとっては北門までわずか約160mの好立地。しかも最寄駅の栗林公園北口駅へもわずか約120mの目と鼻の先。(本数が少ないのが玉に瑕ですが)

栗林公園北口駅

じつは今回、栗林公園北口駅周辺の地図をプリントアウトをするのを忘れ、駅に降りてみたもののすでに真っ暗、案内板や看板もなく「さてどっち方向か」と悩んでしまいました。近いのはわかっているので、とりあえず電話してどっち方向に歩けばいいかだけ聞こうとしたところ、フロントの方がわざわざ迎えに来てくれました。

ルポール讃岐

今回は幾度となく荷物を預かって頂いたり、うどん屋を教えて頂いたり、列車時刻までの間ロビーで涼ませてもらったりいろいろとお世話になりましたが、その都度フロントスタッフの気持ちのいい対応に、じつにいい時間を過ごすことができました。

讃岐うどんの松下製麺所や竹清さんも近い公共の宿「ルポール讃岐」、栗林公園にお立ち寄りの方にはぜひおすすめ、ロビーの絵も必見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る