F1

F1バーレーンGP 2004決勝

結局フェラーリの1-2で終わってしまったが、バトンが前回に続いて表彰台フィニッシュ。BARの強さもホンモノになりつつあり、序盤3戦を終え、各チームの力量が浮き彫りになった。


それにしてもマクラーレンは相当まずいです。あれではかなり時間がかかるかもしれない。メルセデスエンジンが力を落としてきたのは「ベリリウム合金の使用禁止」レギュレーションからだが、そんなに影響があるものなのだろうか、あれから一向に立ち直れないでいる。マクラーレン1チームがダメでも優勝チームが入れ替わっていればまだまだコンストラクタータイトルの行方も分からないのだが、毎回フェラーリが満点(或はそれに近い数字)を積み重ねているようでは、今年も決まりか。
それにしても佐藤琢磨は今回も勿体なかった。予選5位にしてもアロンソの自滅や、バトンの思いのほかの不調、ライコネンのペナルティなどに助けられての、せっかくのものだったのだが。ラルフとの接触はFIAがラルフに警告、琢磨はおとがめなしと言うことで、どちらが悪かったかと言えばラルフと言う結果に。確かにラルフはあのまま行けば接触する事が分かりそうなものにもかかわらず行ってしまった感がある。しかし、琢磨は悪くなかったとは言っても、ああいうレース運びをしているようではタイトルはとれない。いくら相手が悪かろうと止まってしまったらモータースポーツは終わりだ。それに琢磨にはF3時代からちょっとラフプレイが目立つ。大人しいレースをしろという事ではないが、うまいレースを見せて欲しい。今はまだバトンとの差がありすぎる。

カテゴリー: F1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る