今日フィジケラのルノー入りと、ウェバーのウィリアムズ入りが発表された。実力のあるドライバーがやっとそれを発揮出来る事になり、来シーズンの混戦が予想される。


おさらいをすると2005年シーズンは
マクラーレン/ライコネン/モントーヤ
フェラーリ/ミハエル/バリチェロ
ルノー/フィジケラ/アロンソ
ウィリアムズ/ウェバー/??
トヨタ/ラルフ/??
BAR/バトン/琢磨
という風になって行くわけで、トゥルーリはトヨタ確定だろうか?トヨタはちょっと安易にドライバーを決めすぎなのではないか?これなら最初からそうすれば良かったろうに。中途半端な会社の中途半端な戦い方だ。
クルサードは厳しい状況だ。ジャガーか?はたまたザウバーか?彼のドライビングスタイルはブリヂストンの方が合っている気がするからBSユーザーチームに行って欲しい。特に今後は1レース1タイヤになりそうだから、ロングライフの面でもBSが一歩リードしているだろう。ただ、マクラーレン在籍中にやはりライコネンにもう一泡吹かせて欲しい所。
ここ数戦さえない琢磨。ドイツGPなど、グリッド10番手降格のバトンが2位に入っただけに、一層みじめな結果になってしまった。HANSなどいろいろと理由はあろうが、このままでは長く残れなくなってします。この夏休みにユックリ休養して、また強い姿を見せて欲しい。

[`evernote` not found]