Kahan Plus

祝・ライコネン初タイトル

フェラーリのキミ・ライコネンがついに悲願のワールドタイトルを獲得。

三つ巴での争いとなった2007年のチャンピオンシップ、結果は21年前のアラン・プロスト同様、最終戦で7ポイント差の3番手だったライコネンが大逆転で栄冠に輝いた。(と書いている時点ではまだマクラーレンがアピール中との事だが)
やはりと言うか、案の定と言うか、ハミルトンのギアトラブルによって、結局ガチンコ勝負にはならなかった。ただ、先日ハミルトン以外のチャンプでは釈然としないかもと書いたけれど、毎年幾多のマシントラブルによって辛酸をなめ続けながら、今年移籍し、最も多くの優勝をもぎ取ってきたライコネンだけに、やはりその資格は十分だと思う。これも自宅観戦したミハエルのおかげ?
ハミルトンも、ルーキーながらチャンピオンにも相応しい働きをしてきたとも言えるが、マシントラブルについてはライコネンとて前半同じだったし、やはりタイトルは年間を通しての積み重ね、序盤に勝てなかった分が影響したのだろう。また来年、彼の乗るマシンのポテンシャルがどうかは分からないが、素晴らしい活躍を見せて欲しいと思う。
それにしてもマクラーレン・チームは今頃お通夜のようなのではないだろうか。コンストラクターズ・タイトルは剥奪され、ドライバーズもどちらかがとるだろうとほぼ確信していたにも関わらず、持って行ったのは去年チームを捨てて移籍した男、そしてそのチームはスパイ疑惑を持ちかけたチームだったのだから…。
クルサードは残念ながらまるで精彩がなかった。ウェーバーも毎度毎度壊れて可愛そう。日本人は3人も顔を揃えながら、3人とも予選の第1ピリオドで脱落するなど、ちょっと恥ずかしい場面もあったが、中嶋の決勝での走りはなかなかのものだった。ピットでクルーをはねてしまったのは大失敗だが、精神的な動揺もあっただろうに、5番目のファステスト・ラップをたたき出すなど、果敢な走りでクルサードをオーバーテイクしてしまう場面まで披露。ニコも4位だし、マシン自体良かったのだろうが、それなりのアピールはできたようだ。果たして来年はどうなるんだろうか、GP2でチャンプを狙うか、ウィリアムズ・シートを獲得するか、またはトヨタか…。
今シーズン特筆すべきことは、ミハエルが引退して、フェラーリもマクラーレンもナンバーワン・ドライバーを決めなかったことが、白熱したシーズンに寄与してくれたことだ。やはりチーム間の格差が出やすいカテゴリだけに、ナンバーワンを決められてしまうと、必然バトルが減ってしまう。マクラーレンはそれによってドライバーズ・タイトルを落としたと言えなくもないが、本来それが普通だし、スパイ疑惑さえなければコンストラクターズ・タイトルは獲得できていたわけだから、なにも問題ないはず。来年もこういった体制を望みたいところだ。
長いオフシーズンは退屈だが、来年クルサードは久々にひとケタカーナンバーに復帰だろうし、ニューウィーのRB4もどんなデザインになるか楽しみ。憂鬱なのは富士での日本GPか。

[`evernote` not found]

Categories: F1

手打蕎麦 ゆい » « クライマックスF1 2007

5 Comments

  1. 昨夜は文字通り感涙に咽びましたが、今朝起きてみたら、BMWとWilliamsが審議対象→両チームにお咎めなし→マクラーレンがFIAに控訴、と不穏な事態に。
    これでライコネンのタイトルが取り消されるようなら、涙も出ません。心配です。

  2. ハミルトンのトラブルに助けられたとはいえ、キミのワールドタイトル獲得は手放しで嬉しいです。遅ればせながら今録画を見ながら祝杯をあげているところです(笑)
    クラッシュなどで番狂わせがあったわけではなく、メカニカルトラブルなので胸を張っても良いのではないでしょうか?年間最多勝ですしね。
    来年もこの調子で頑張って欲しいものです。(来年はキミのヤバイくらいのキレキレ走りが見たいです(^^;)

  3. >>magdaどの、ちょめもどの
    いいなぁ。応援している人がチャンピオンになれて…。クルサードなんか…いや、言うまい言うまい。

  4. ライコネンは素直に祝福できますよね。
    ハミルトンが取らなかったのでバンバンザイの私です!(笑)
    でもチームとマッチしていないアロンソはどうするのだろう?と気になるばかりですがな・・・。

  5. >>YUPAはん
    うへへへ、アロンソファンは皆そう言いますねぇ。うちの嫁もそー言ってました。喧嘩両成敗ってとこですかね。
    来年からはナカジマ応援したいです。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2019 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑